スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松宮三郎『江戸の物売』・『江戸の看板』

本日のご紹介は松宮三郎の本を二冊です。

まず一冊目は『江戸の物売』です。
東峰書房より昭和43年に刊行されました。
matsumiya001.jpg
matsumiya002.jpg
限定数が20と少数なだけに、三谷一馬による肉筆画(「たけのこ売り」)が1枚挿入され、奥村利信の複製版画も1枚ついております。
matsumiya003.jpg
matsumiya004.jpg
内容は江戸時代における物売りがどのように描かれているか、膨大な数の例を翻刻紹介し、考察しています。
図も多く挿入され、視覚的にも楽しめる一冊です。
matsumiya005.jpg

もう一冊は『江戸の看板』、こちらは昭和34年に東峰書院より刊行されました。
matsumiya006.jpg
限定数は80、版画が一枚挿入されております。
matsumiya007.jpg
こちらはタイトル通り、江戸時代の看板を多く図として掲載し、考察を行っております。
matsumiya008.jpg


◆『江戸の物売』30,000円
天金、二重函、函シミ少ヤブレ、小口極少シミ、見返し値札剥がし跡、限定20のうち6番、本体は経年の割にはきれいです。
◆『江戸の看板』15,000円
天金、二重函、外函に汚れシミヤケ書き入れ有り(外函の背にマジックで「江戸の看板」)、小口極少シミ、見返しに前蔵書者名・購入年ペン書き、他は経年の割にはきれいです。
◆送料無料

注文はメール(ureluhonya37ga4646@yahoo.co.jp)、または電話(042-689-6845)にてお願い致します。
直に手に取りたい方は、お気軽に当店までお越しください。
------------------------------------------------------------------
HP更新しております。
よろしければご覧ください。こちらよりどうぞ。
スポンサーサイト
ふるほん桐壺屋のブログです
ホームページはこちら http://furuhonnkirikoya.web.fc2.com/

古本桐壺屋

Author:古本桐壺屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。