スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹中英太郎特集

本日は竹中英太郎関連著作を二冊ご紹介いたします。
竹中英太郎は『新青年』を代表とし、多くの探偵小説作家に挿絵を提供した人物です。
ちくま文庫版『夢野久作全集』の表紙にその絵が用いられているため、ご存知の方も多いでしょう。

一冊目は『百怪、我ガ腸ニ入ル―竹中英太郎作品譜』です。
三一書房より1990年発行されました。
takenaka002.jpg
カバーは半透明で、はがすと下のような表紙が現れます。
takenaka001.jpg
竹中英太郎の写真です。
takenaka004.jpg
数少ない竹中英太郎画集で、カラー図版も多く掲載されています。
英太郎の大きな魅力はその細やかな色彩美にあるといえるでしょう。
takenaka003.jpg
ぜひその幻想的世界に足を踏み入れてみてください。
takenaka005.jpg

二冊目は『夜想』の「参」巻です。
1981年、ペヨトル工房より刊行され、当号は竹中英太郎と夢野久作の特集号となっております。
takenaka006.jpg
こちらは残念ながらカラー図版はありませんが、白黒の図版が掲載されています。
takenaka007.jpg
また夢野久作の研究のためにも欠かせない一冊といえるでしょう。
久作研究の第一人者である西原和海や、「瓶詰地獄」研究の基盤を作った英文学者、由良君美の評論他、様々な人物が文章を寄せております。

◆『百怪、我ガ腸ニ入ル―竹中英太郎作品譜』 17,000円売切
初版。B5判174ページ。
カバー背天傷み少汚れ少。小口天地薄汚れ。本文良好。

◆『夜想』参 3,000円(送料300円)
A5判172ページ。
表紙スレ少。小口天地薄ヤケシミ少。本文良好。
ふるほん桐壺屋のブログです
ホームページはこちら http://furuhonnkirikoya.web.fc2.com/

古本桐壺屋

Author:古本桐壺屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。