スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『時計史年表』他、時計関連本

本日は時計に関連した本を一挙に9冊ご紹介です。
一冊目は鈴木寧『錦絵時計図』です。昭和56年、緑の笛豆本の会より刊行されました。
この本には並装本と特装本がありますが、当本は限定50部の特装本で、硝子絵がはめ込んであります。
tokei001.jpg
tokei002.jpg
tokei003.jpg

続いてのご紹介は時計史年表編纂室編『時計史年表』です。
昭和48年刊行の非売品です。当店は2冊所蔵していますが、1冊は時計史年表索引と挨拶状が付いている珍しいものです。
tokei004.jpg

セイコー・ライブラリー叢書から三冊ご紹介。こちらは全て非売品で昭和53年、精工舎よりの刊行です。
セイコー・ライブラリー叢書1は『時計の巻 少年工芸文庫第十五編』で明治36年に博文館より発行された同書の復刻版。
tokei008.jpg
tokei009.jpg
tokei010.jpg
セイコー・ライブラリー叢書2は『日本時計商工史 全』、明治44年に金石時計商報社より発行された同書の復刻版。
tokei005.jpg
tokei006.jpg
tokei007.jpg
セイコー・ライブラリー叢書3は『改暦辨・時計詳説』、明治6年に慶應義塾より発行の同書と、明治14年に三木福輔を出版人として発行された同書の復刻版です。
tokei011.jpg
tokei012.jpg
いずれも時計の研究においては貴重な史料といえるのではないでしょうか。

最後に時計研究家、平野光雄の著作を3冊。
『服部金太郎翁傳覚書』(非売品・昭和46年)『吉川鶴彦傳』(非売品・昭和48年)『時計閑話』(グノモン社・昭和54年)です。
前2冊は精工舎創立に携わった服部金太郎と吉川鶴彦に関する本で、『時計閑話』は時計に関するエッセイ集となっています。
tokei013.jpg

◆鈴木寧『錦絵時計図』15,000円(送料無料)
限定50部の特装本、硝子絵がはめ込み。
二重函、小口に少汚れ、外函に少傷み。

◆時計史年表編纂室編『時計史年表』28,000円(送料無料)
時計史年表索引・挨拶状付、天地少シミ、挨拶状シミ傷み、年表少シミ、函にシミ汚れ、本体は経年の割にきれいです。

◆時計史年表編纂室編『時計史年表』15,000円(送料無料)
天地小口に少シミ、函に汚れシミ、本体は経年の割にきれいです。

◆セイコー・ライブラリー叢書1『時計の巻 少年工芸文庫第十五編』10,000円(送料無料)
巻頭から10ページほどページ半ばに折れあり、天にシミ、小口地に少シミ、経年ヤケ。

◆セイコー・ライブラリー叢書2『日本時計商工史 全』10,000円売切
天小口シミ少汚れ、巻頭から10ページほどページ半ばに折れあり。他経年並。

◆セイコー・ライブラリー叢書3『改暦辨・時計詳説』10,000円(送料無料)
天地小口少シミ、天にキズ有、他経年並。

◆平野光雄『吉川鶴彦傳』8,000円売切
非売品、背少傷み、他概ね経年並。

◆平野光雄『服部金太郎翁傳覚書』8,000円売切
非売品、表紙に4センチほどのシミ、経年並の汚れヤケキズ有。

◆平野光雄『時計閑話』12,000円(送料無料)
1000部限定、函少ヤブレ、布表経年少シミ、本体経年の割にきれいです。

------------------------------------------------------------------
HP更新しております。
よろしければご覧ください。こちらよりどうぞ。
ふるほん桐壺屋のブログです
ホームページはこちら http://furuhonnkirikoya.web.fc2.com/

古本桐壺屋

Author:古本桐壺屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。